次女の水筒をスケーターSDC4に買い換えた話

ぴょんぴょん

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
以前の記事で
我が家が何度も子ども用の水筒を買い換えてきたという話をしましたが
(幼稚園の水筒 色々使ってみた感想参照)

この夏、またもや
次女用の水筒を買い換えました。

購入したのはこちらの水筒



直飲みできるタイプのステンレス水筒です。

今日は、
この水筒を買った理由や
以前使っていた水筒と比較しての
メリット・デメリットなど
書いていきたいと思います。



またもや水筒を買い換えた理由とこの水筒に決めたわけ


次女が以前使用していたのは
このタイプの水筒でした。


プラスチック製ですが、
断熱材も入っているので
氷を入れても結露することも無く

ステンレスと比べて軽くて使いやすいな
と思っていたのですが、

私、夏の暑さを舐めておりました(>_<)

この水筒にお茶を入れて
午後2時まで幼稚園に預けると
お茶がもう、ぬるいを通り越して温かくなってるんですよね((+_+))

断熱材とはこんなにも無力なものなのか!?
と愕然とするには理由があるんです。



実は長女妊娠中、
真夏に家の冷蔵庫の調子がおかしくなったことがあったんです。
飲みものもぬるくなっていたようで、
半日くらい持ち歩いた麦茶に
なにやら白い浮遊物のようなものが見えたんです。

最初「光の加減かな?」と
ポジティブシンキングが働いて飲んでしまったのですが、
やはりなんだか味もおかしい気がする。

我が家は毎回やかんで麦茶パックを煮出して作っているのですが、
手作りのお茶は傷みやすいという固定概念が
その時出来てしまったんですね。

以来、私と旦那は軽く
「ぬるいお茶恐怖症」になってしまっています(笑)



ということで、
やはり保冷ならステンレスだろう!
という考えのもと、
一番軽く、メーカーもメジャーな
この水筒に白羽の矢が立ったんです。

我が家はコップユニットは必要無かったので
直飲みパーツのみのものにしましたが、
同じメーカーで
コップと直飲みの2wayのものもあります♪






以前使用していた水筒と比較してのメリット・デメリット


まだ使用して数日ですが、
この水筒を買って良かったところや
以前のものと比べて良くなかった点などを
書いていきたいと思います。

以前の水筒と比較してのメリット



  1. 保冷力がある

  2. これはやはりステンレスの素晴らしいところですね♪

    開ける回数や入れるお茶の量にもよると思いますが、
    氷を入れて持たせれば、
    午後まで冷たいままの状態が保たれています。


  3. 替えパーツが入手しやすい

  4. 以前の水筒はもうあまり作っていないのか、
    飲み口の部分などの替えパーツを
    あまりネットでは見かけなかったんですよね。

    蓋の部分など
    ぶつけて割れてしまったり、

    パッキンを紛失してしまった時などに
    替えパーツが手軽に入手できるのは安心です。



  5. 水筒の下部分がゴムになっている

  6. これは嬉しい誤算でした。

    ステンレスの水筒って
    机などに置く時に
    「コツン」となる感じがちょっと嫌だったんですよね。

    この水筒は、底部分がゴムになっているので
    置いた時に「コツン」とならないんです。

    最近の水筒は進化してるんですね♪



  7. パッキンが取り外ししやすい構造になっている

  8. 以前のものは、
    取り外すためのツメのようなものが無くて
    取り外しずらかったんですよね(^^;
    以前の水筒パッキン


    今回購入した水筒には
    きちんと取り外しの時に引っ張るような
    突起部分があるので、外しやすいです。
    水筒パッキン




以前の水筒と比較してのデメリット



  1. 少し蓋が開けずらい

  2. まず、蓋をオープンさせる前にワントラップあるのですが、
    こちらはあまり固くないので3歳の次女でも問題なく出来ました。

    ですが、蓋を開けるボタンを押すと
    何故かこの角度で一度止まるんですよね。
    蓋

    ここから後ろに
    手動で倒すのが
    面倒なのか忘れてしまうのか、

    そのまま飲もうとしてしまうんです。

    慣れの問題ですかね(^^;?




  3. スリムボトルなので、奥まで洗いずらい

  4. 見ての通りのスリムボディなので、
    洗う時に奥までスポンジが届きにくいです。

    コップ用の柄付きスポンジなど用意する必要がありそうです。


  5. 少しだけ以前の水筒のほうが軽い

  6. 中身を入れず肩紐をつけた状態で
    以前の水筒が 215g、
    今回購入した水筒が 284gでした。

    ここにお茶など入ることを考えたら
    大した違いではないのかもしれませんが、
    軽いものを求めている身としては
    ちょっとしたデメリットですね。



  7. スリムボトルなので、自立しずらい

  8. 以前の水筒はズングリしたデザインだったので
    適当に置いても倒れることはなかったのですが、
    この水筒はちょっと倒れやすいです。

    次女はもう3歳なので、
    慣れれば大丈夫だと思いますが、
    もっと小さい子だと
    難しい場合もあるかもしれません。



3歳の次女が使用してみて実際のサイズ感


3歳、身長約90cmの次女に
実際に首にかけてもらったので
良かったらサイズ感など参考にしてみてください。

こちらは以前使用していた水筒
キティ水筒

今回購入した水筒
ボンボンリボン水筒


こちらは長女が使用している水筒
ミニー水筒


ちなみにこちら、中身を入れずに
肩紐を装着した状態で359gと
他の2つに比べるとだいぶ重く感じます。

長女の水筒は↓こちらのタイプです




子どもの水筒についてまとめ


水筒を買う度に毎回思うことなのですが、
もうこれで水筒の買い替えは最後にしたいなと・・・。

1回でベストな水筒に出会うということは
なかなか難しいように思いますが、
周りの子が持っている水筒など
普段から見ていると
良いものに出会える確率も上がるのかな?
と思いました。






最後までお読みいただきありがとうございました。

たくさんの方にこのブログを読んでいただくために
バナークリックやシェアしていただけたら嬉しいです(#^^#)
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Posted byぴょんぴょん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply