スポンサーサイト

ぴょんぴょん

-
スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byぴょんぴょん

一本杉公園で水遊びしてきました♪

ぴょんぴょん

スポンサーリンク
※こちらの記事は2017年7月17日に投稿したものに2018年7月18日加筆・修正を行いました。

日曜日、多摩市の一本杉公園で水遊びをしてきました。

この公園、なんと入園料も駐車場代も無料。
今回初めて行ったのですが、
無料で遊べる公園としては
かなり楽しめました。

今日は、一本杉公園の混雑状況や
注意事項、楽しみ方などについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




一本杉公園ってどんなところ?


東京都多摩市南野2丁目14にある、多摩市の市営公園です。



電車でのアクセスはあまり良くなく、最寄駅の多摩センター駅からは徒歩25分。

バスも出ていますが、公園から少し離れたところにバス停があるので、車や自転車で来る方が多いようです。


駐車場は100台分の用意があり、2017年7月現在、駐車料金は無料。

ただし、多摩市の公園は駐車場の有料化実験などもしているので、数年後には有料化することもあるかもしれません。

一本杉公園マップ

公園内には、野球場やテニスコートもあり、敷地はかなり広いのですが、子ども向けの遊具などはありません。

夏休み期間のみ「流れ」と呼ばれる水遊び場がオープンしています。

スポンサーリンク


水遊び場の様子と営業期間


2018年の水遊び場「流れ」の営業期間は
7月20日(金)~平成29年8月31日(金)

2017年は7月15日スタートでしたので、少し遅れてのスタートですね。

営業時間は9:00~17:00だそうです。

7月30日(月)、8月6日(月)・20日(月)は
清掃のため使用できないそうですので
ご注意ください。

営業期間は毎年7月半ばごろまでに多摩市公式HP内の一本杉公園ページにアップされていますので、詳細はそちらでご確認ください。

水遊び場はかなり広く、この日は1歳くらいから小学校3~4年生くらいまでたくさんの子ども達が遊んでいました。
一本杉公園水遊び場

下流のほうは水深50cm前後のプールのように。
下流のほう

上流のほうは自然の川を再現したような岩場になっているところや
瀧のようになっているところもあり、
上流のほう


年齢や興味に合わせて色々な遊び方ができます。

5歳の長女も3歳の次女も冒険気分で登ったり下りたりを繰り返してみたり、少し飽きてきたら下流のほうで浮き輪に浮かんでみたりと、思い思いに楽しんでいました。

一本杉公園の混雑状況


我が家が一本杉公園に到着したのは9:40ごろ。

自転車で来たのでわからなかったのですが、この日は高校野球を開催していた為か駐車場はかなりの混雑だったようです。

車で来ていた友人の話によると、11:00前の時点で入庫待ちの列が出来ていたようです。

お昼を挟んでゆっくり遊ぶ予定でいたので、日陰にレジャーシートを敷いて場所取りをしました。

シートを敷けるような場所も徐々に混んできて、10:30過ぎには日陰も埋まってきているような状況でした。

近所の方など、短時間で帰る方も居るのでタイミングが良ければいい場所が空くこともありますが、

確実に日陰のいい場所を取りたい場合はなるべく早めに行動したほうがいいようです。



一本杉公園の持ち物


一本杉公園で水遊びを楽しむ為の基本の持ち物や、あったら便利なものなど紹介していきたいと思います。

基本の持ち物


  • 水着または着替え
  • タオル
  • 入水可能なサンダル
  • 水筒

サクッと短時間水遊びを楽しむ目的ならこれだけ持って行けば十分楽しめると思います。

一番深いところでは水深50cm前後あったので、未就学児なら浮き輪を持って行けばプール感覚で楽しむことができます。

裸足での入水は禁止になっていますのでストラップ付のサンダルなどを履いていくと水の中でも脱げずらくていいと思います。





親も一緒に入水するなら


  • 親の水着または着替え
  • 親の入水可能なサンダル

も持って行きましょう。

お子さんが小さいうちは、付き添いで親も入水することになると思うので親の分も準備していきましょう。

私は完全に舐めていて、7分丈ズボンにいつもの島ぞうりといういでたちで行ったのですが、
(島ぞうりについてはこちらを参照→昭和記念公園レインボープール・無料プレイベントに行ってきました)

身長155cmの私が一番深いところに入ろうとすると膝上くらいまで浸かってしまうし、

ビーサンタイプのサンダルは水の中を歩いていると脱げてしまうしで、辛かったです(T_T)

可能であれば、下だけでもサーフパンツに履き替えるか、最低でも短パンは用意しておいたほうが良さそうです。

全身水着とラッシュガードで参戦しているパパも大勢いましたよ。

親の分もスポーツサンダルがあると安心ですね。




お昼を挟むなら


  • お弁当
  • レジャーシート

も持って行きましょう。

公園内には売店は無く、「流れ」付近には自販機などもありません。

お弁当・お茶・お菓子など必要なものは家から持ってくるか来る途中で買ってから来るようにしましょう。

持ち込みに関する決まりなども特にないようですので、サンシェードやピクニックテーブル、クーラーボックス、椅子など持ち込んでいる方もたくさん居ましたよ♪




もっと楽しく遊ぶなら


  • 水鉄砲
  • 浮き輪
  • お砂場セット

などなど、

荷物のスペースに余裕があるなら、お子さんの興味や年齢に合わせて色々もって行くと楽しめると思います。

最後に、塩素が気になるという場合はこんなものを持って行くといいかな?と思いました。

これ、100均の園芸用品のコーナーでも売っているものなんですが、ペットボトルがに取り付けるとシャワーになるという商品なんです。

一本杉公園にはシャワーが無いんです。

この時期、ペットボトルにお水を入れておけばすぐにお湯になってしまいます。

お着換え前に全身にかけてあげれば、塩素を洗い流せるし、冷えた体も温まるので、一石二鳥ですね♪


赤ちゃん連れが楽しむために


この夏に赤ちゃんを水遊びデビューさせてみたい方や下の子がまだ小さいけど行ってみたいという方に向けて赤ちゃん連れのための情報を少しだけ書いてみようと思います。

まず、気になる授乳やおむつ替えについての情報ですが、

一本杉公園にはおむつ替え台および授乳室はありません。


(2017年7月現在)

おむつ替えや授乳の際に視線が気になるという場合は、サンシェードなど持っていくといいと思います。

(小さい子は裸になって着替えているので、気にならないなら大丈夫だと思いますが・・・)

ベビーカーについては持ち込みの制限なども無く、階段はスロープで迂回できるようになっているので、必要であれば持っていったほうがいいと思います。

オムツについても特に決まりなどは無いようですが、赤ちゃんを入水させる予定があるなら、水遊びパンツを持参をお勧めします。


オムツのまま遊ばせると水を吸って重たくなってしまいますし、衛生上もあまり良くないようですよ。


小さい子が遊ぶなら、中流に水深も浅く、流れもあまり無いところがあるので、まずはそのあたりでデビューしてみてはどうでしょう?


いよいよ夏も本番!楽しく水遊びができると良いですね♪

※この記事は2017年7月時点での情報を基に作成しています。施設や水遊びの期間などは変更する可能性もありますので
詳しくは多摩市HPでご確認いただくか直接公園管理者にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

一本杉公園から車で10分程のところにある
乞田貝取ふれあい公園広場で遊んできた時の事も書いてます♪
↓良かったら見て行ってくださいね(#^^#)
乞田・貝取ふれあい広場公園で水遊びしてきました。

スポンサーリンク
関連記事
Posted byぴょんぴょん

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。