ガーデニングクラブでガウラに悩まされた話

ぴょんぴょん

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
今回のお話は、
幼稚園のガーデニングクラブの話です。

園庭の花壇に、
背の高い白いお花がたくさん咲いているんです。
ガウラの花

丈がとっても高くて、
一番高いものでは私の身長(155cm)と同じくらい。

とにかくたくさん咲いているので、
風に揺れる姿はとっても綺麗なんですが、
増えすぎていて
花壇によっては半分くらいが
この白いお花で埋まっているような状態だったんです。

一緒に植えている他のお花たちも、
日差しは遮られてしまうし
場所もだんだんと窮屈になってくるしで
ちょっとかわいそうな状態に。
(写真撮るの忘れてしまった(^^;)

そんなこんなで
ガーデニング素人の代表2名で話し合った結果、
株分けするか、
一度抜いてしまうかして、
どうにか減らてしまおうということに。





とはいっても、
私ももう一人の代表さんも
ガーデニング素人のため、
お花の名前すら分からないんです。

最近はこちらのサイトで
花の名前や育て方を検索できることを知り、
活用させていただいています。

みんなの趣味の園芸(NHK出版)サイト内
条件から探す 植物図鑑検索

根本に去年のものと思われる枯れた茎が残っているものは
多年草ということを教えていただいたので
「多年草」、花の色は「白」、開花時期は「6・7月」くらい
というように条件を入れると、
出て来た写真から、
どうも「ガウラ」というお花らしいということが判明しました。

「ガウラ」だなんて、
なんだかモンスターっぽい名前だな(笑)
(ゴジラとかモスラとかのイメージ?)

と思って調べてみたら、
どうやらモンスター級の繁殖力であることが判明!

多年草なので、
毎年どんどん大きくなる。

こぼれ種でも増える。

放っておいたら
庭中ガウラになってしまう!
などなど・・・。

知恵袋開いたらみんながガウラに悩んでいましたよ(笑)


調べてみたところ、
このお花の減らし方は主に3通り。
  1. 株分けする

  2. 一度抜いてしまって翌年種まきする

  3. 一度抜いてしまって、差し芽をする

という方法があるようでした。

1の株分けの場合は適期が3~4月と10~11月に限られてしまうこと。
傷つけてはいけない根を傷つけると枯れてしまう場合があること。

2の場合は、雑交しやすい植物であるらしく、
種が必ずしも親と同じ性質を持っているとは限らないこと。
(花の色など変わってしまうことがある)

3の更新方法が一番確実なようですが、
残念ながら私は個人的
にあまり得意な方法ではないんですよね(*_*;

以前、カーネーションを
差し芽で更新しようとしたことがあったのですが、
差し芽が根付くまでは水を絶やさない
ということがどうしても出来ず、
惨敗したことがありました( ノД`)シクシク…



幼稚園のガーデニングなんて、
親株と違う花が咲いても全く問題ないでしょ!
ってことで

来春に種で更新することになりました♪
ガウラの種


以上。

需要があるか不明ですが、
ガウラというお花に関するまめ知識でした(^^♪



最後までお読みいただきありがとうございました。

たくさんの方にこのブログを読んでいただくために
バナークリックやシェアにご協力お願いいたします(#^^#)
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Posted byぴょんぴょん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply